Two women working on their laptops in front of each other at the office Two women working on their laptops in front of each other at the office

「Microsoft Azure の AI および Machine Learning」Specialization

プログラムの概要および要件

プログラムの概要

「Microsoft Azure の AI および Machine Learning」Specialization で、顧客による AI の導入を可能にし、AI を活用したアプリと機械学習のライフ サイクルに Azure ソリューションを実装することにおける、貴社の実証された能力をアピールしましょう。

ビジネスのスピードが加速する中、あらゆる種類と規模の組織が、プロセスを合理化し、よりシンプルで高速、かつスマートなリソースを提供して対応する方法を模索しています。顧客がプロセスを自動化し、ビジネスに関するより深い分析情報を得て、インテリジェントなエージェントをデプロイできるよう支援しましょう。

Specialization を取得したパートナー様は、ビジネス プロフィール ページで表示して顧客へアピールできるラベルを受け取ったり、マイクロソフト ソリューション プロバイダー ファインダーでの顧客による検索で優先的に表示されたりすることができます。

Specialization について詳しくご覧ください

その他の監査準備リソース

ISSI は、パートナー様が Azure の Specialization 監査に備えるのに役立つ、広範囲にわたる綿密なコンサルティングを行います。パートナー様は ISSI と直接連絡を取り、このリモート セッション (オンライン Web 会議) をスケジュールできます。このタイプの綿密なコンサルティングについて詳しくは、こちらをクリックしてください

または、パートナー様は、ISSI がライブで実施する 1 時間の概要セッションに、オプションで参加することもできます。この監査準備の概要セッションでは、Specialization 監査プロセスのキー ポイントについて、詳しく説明が行われます。このセッションは、チェックリストの要件についてのディスカッションや、パートナー様が監査の準備をするのに役立つベスト プラクティスなどもカバーします。パートナー様は ISSI と直接連絡を取り、このリモート セッション (オンライン Web 会議) をスケジュールできます。この概要セッションについて詳しくは、こちらをクリックしてください
監査は、客観性を確保するため、コンサルティングを行う監査人とは別の ISSI 監査人によって行われます。

* コンサルティングおよび監査準備サービスは有料となりますのでご注意ください。監査チェックリストの「支払条件」を参照してください。

申請方法

組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者のみが、組織に代わって「Microsoft Azure の AI および Machine Learning」Specialization の申し込みを行うことができます。適切な役割とアクセス権をお持ちの方は、パートナー センターにサインインし、パートナー センター ダッシュボード > コンピテンシー > Specialization にアクセスして申し込めます。

* Specialization は、パートナー センターでのみ有効化できます。パートナー メンバーシップ センター (PMC) からパートナー センターへまだメンバーシップ アカウントを移行していない場合は、PMC にサインインして手順に従ってください。アカウントを移行したら、要件を確認し、Specialization の取得に向けた作業を開始できます。

要件

適格なパートナー様は、サービスの提供とサポートにおいて最高水準の基準を満たしている必要があります。すべての要件は、マイクロソフトや第三者ベンダーによって自動または手動で確認され、変更される場合があります。

詳細

貴社は、有効な「データと AI (Azure)」ソリューション パートナー認定を有している必要があります。

詳細

過去 3 か月間に少なくとも 3 社の顧客から、合計で月平均 2,000 米ドルの Azure 使用による収益 (ACR) を獲得したこと。

Azure ACR について詳しくご覧ください

ACR は、デジタル指名パートナーパートナー管理リンク、およびクラウド ソリューション プロバイダーを通じて得ることができます。

政府機関のサブスクリプション (Fairfax など) は、PAL に関連する ACR の対象にはなりません。

詳細

貴社には、次の認定資格の合格者が 3 名以上いる必要があります (以下の各認定資格を 1 名以上が有していること)。

詳細

貴社は、第三者機関の監査に合格する必要があります。AI および ML の監査チェックリストをご覧ください