A man and a woman comfortably seated and talking A man and a woman comfortably seated and talking

「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」Specialization

プログラムの概要および要件

プログラムの更新

2021 年 7 月 1 日のアップデート

新しい監査チェックリスト 2.0 が利用可能になり、使用が義務付けられました。
マイクロソフトは 2021 年 5 月 5 日、「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」Specialization について、現行の監査チェックリスト バージョン 2.0 をプレビュー公開しました。この監査チェックリスト バージョン 2.0 は、2021 年 7 月 1 日に本施行されました。


新しくなった点:

Azure の Specialization 監査に、Azure のクラウド導入フレームワークに基づいて作成された、新しいモジュール型の形式が導入されました。これは、次の点で貴社のビジネスにメリットをもたらします。

  • クラウド導入のベストプラクティスに従って顧客のスムーズなクラウド移行を支援する、貴社のビジネス能力を実証します。
  • Azure の Specialization 監査プロセスが合理化され、貴社が複数の Azure の Specialization を取得しようとしている場合に、複数の領域で同じスキルを再実証する必要性が減りました。

この形式は 2 つのモジュールに分かれています。
• モジュール A:Azure のクラウド導入フレームワークの基本原則に従って、パートナー様によるクラウド導入のベスト プラクティスの実装を審査および評価します。このモジュールはワークロードに依存しないため、パートナー様はモジュール A を 1 回監査すれば、その合格結果は複数の Azure の Specialization に適用されます。
• モジュール B:ワークロード固有の能力を審査します。これらの能力は、業界のベスト プラクティスに合わせて定期的にアップデートされます。モジュール B には、デプロイの一環として顧客のワークロードの Well-Architected Review を実行するという要件も含まれています。


2021 年 3 月 24 日のアップデート

監査チェックリスト コントロール 3.2:コンテンツ管理システムがオプションになりました

2021 年 3 月 25 日以降、パートナー様は、監査チェックリスト コントロール 3.2:コンテンツ管理システムを完了する必要がなくなりました。このコントロールのエビデンスの提示はオプションです。

その他の監査準備リソース

ISSI は、パートナー様が Azure の Specialization 監査に備えるのに役立つ、広範囲にわたる綿密なコンサルティングを行います。パートナー様は ISSI と直接連絡を取り、このリモート セッション (オンライン Web 会議) をスケジュールできます。このタイプの綿密なコンサルティングについて詳しくは、こちらをクリックしてください

または、パートナー様は、ISSI がライブで実施する 1 時間の概要セッションに、オプションで参加することもできます。この監査準備の概要セッションでは、Specialization 監査プロセスのキー ポイントについて、詳しく説明が行われます。このセッションは、チェックリストの要件についてのディスカッションや、パートナー様が監査の準備をするのに役立つベスト プラクティスなどもカバーします。パートナー様は ISSI と直接連絡を取り、このリモート セッション (オンライン Web 会議) をスケジュールできます。この概要セッションについて詳しくは、こちらをクリックしてください。

監査は、客観性を確保するため、コンサルティングを行う監査人とは別の ISSI 監査人によって行われます。コンサルティングは、パートナー様のご希望のプラットフォームを使用して、いつでもスケジュールできます。

* コンサルティングおよび監査準備サービスは有料となりますのでご注意ください。お支払い条件をご確認ください。

プログラムの概要

運用環境の Web アプリケーション ワークロードの移行と展開、DevOps の適用、および Microsoft Azure のアプリ サービスの管理において深い知識、豊富な経験、および実績をお持ちのパートナー様は、「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」Specialization の取得をご検討ください。

「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」Specialization により、有効な「データと AI (Azure)」ソリューション パートナー認定または「デジタルおよびアプリ イノベーション (Azure)」ソリューション パートナー認定をお持ちのパートナー様は、自社をさらに差別化して、能力を示し、顧客とのより強固なつながりを築くことができます。

Specialization の取得における包括的な要件を満たすパートナー様は、マイクロソフト ソリューション プロバイダー ファインダーのビジネス プロフィールで表示して顧客へアピールできるラベルを受け取ったり、マイクロソフトの特定の市場進出プログラムにアクセスしたり、顧客による検索で優先的に表示されて新しいビジネスにつなげたり、Specialization を取得したことを証明するマイクロソフトからの認定書を作成したりすることができます。このような理由から、追加の厳しい要件を満たしたパートナー様のみが、この機会を得ることができます。

Specialization について詳しくご覧ください

申請方法

組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者のみが、組織に代わって「マイクロソフトの Windows Virtual Desktop」Specialization の申し込みを行うことができます。組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者である場合は、こちらで申し込めます

要件

適格なパートナー様は、サービスの提供とサポートにおいて最高水準の基準を満たしている必要があります。すべての要件は、マイクロソフトや第三者ベンダーによって自動または手動で確認され、変更される場合があります。

詳細

貴社は、有効な「データと AI (Azure)」ソリューション パートナー認定または「デジタルおよびアプリ イノベーション (Azure)」ソリューション パートナー認定を有している必要があります。

詳細

貴社は、過去 3 か月間に少なくとも 3 社の顧客から、合計 5,000 米ドルの Azure AppService または Azure Spring Cloud の Azure 使用による収益 (ACR) を獲得したことを示す必要があります (貴社の全顧客の合計)。

ACR は、デジタル指名パートナーパートナー管理リンク、およびクラウド ソリューション プロバイダーを通じて得ることができます。
Azure ACR について詳しくご覧ください

政府機関のサブスクリプション (Fairfax など) は、PAL に関連する ACR の対象にはなりません。

詳細

貴社には、次の認定資格の合格者が 3 名以上いる必要があります (以下の各認定資格を 1 名以上が有していること)。

  • Azure Developer Associate 認定資格
  • Azure DevOps Engineer Expert 認定資格
  • Azure Data Engineer Associate 認定資格


認定資格要件は、同じ個人または異なる個人の組み合わせで満たしても構いません。

詳細

貴社は、第三者機関のリモート監査に合格する必要があります。詳細については、監査チェックリストを参照してください。