A man having a virtual meeting on his tablet A man having a virtual meeting on his tablet

「Microsoft Teams 用カスタム ソリューション」Advanced Specialization (高度な専門性)

プログラムの概要および要件

プログラムの更新

「Microsoft Teams 用カスタム ソリューション」Advanced Specialization (高度な専門性) で、Teams アプリやソリューションを設計、開発、デプロイする貴社の能力を示しましょう。

計画的だったかどうかに関わらず、数多くの企業がリモート ワークを導入し、現場担当者やナレッジ ワーカーとのつながりを維持して生産性を高めるために Teams を利用しています。そして今、これらの企業はさらに多くのことを求めています。「Microsoft Teams 用カスタム ソリューション」Advanced Specialization (高度な専門性) を取得することで、Teams 内のビジネス アプリケーションに対する需要の高まりに応えることができます。

「Microsoft Teams 用カスタム ソリューション」Advanced Specialization (高度な専門性) により、有効な Gold Cloud Productivity コンピテンシーをお持ちのパートナー様は、自社をさらに差別化して、能力を実証し、顧客とのより強固なつながりを築くことができます。厳格なサービス提供およびサポート要件を満たすパートナー様のみが、この機会を得ることができます。

Advanced Specialization (高度な専門性) を取得したパートナー様は、ビジネス プロフィール ページで表示して顧客へアピールできるラベルを受け取ったり、マイクロソフト ソリューション プロバイダー ファインダー での顧客による検索で優先的に表示されたりすることができます。

Advanced Specialization (高度な専門性) について詳しくご覧ください

Advanced Specialization (高度な専門性) の有効期間は?

Advanced Specialization (高度な専門性) は 1 年間有効ですが、Gold コンピテンシーを維持している必要があります。Gold Cloud Productivity コンピテンシーを維持しないと、Advanced Specialization (高度な専門性) ステータスを失うことになります。更新日には、その時点でのプログラム要件を満たす必要があります。なお、要件は随時変更される場合があります。

申請方法

組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者のみが、組織に代わって「Microsoft Teams 用カスタム ソリューション」Advanced Specialization (高度な専門性) の申し込みを行うことができます。管理者である場合は、パートナー センター アカウントにログイン し、ダッシュボードの Advanced Specialization (高度な専門性) セクションへ移動します。

要件

適格なパートナー様は、サービスの提供とサポートにおいて最高水準の基準を満たしている必要があります。すべての要件は、マイクロソフトや第三者ベンダーによって手動で確認され、変更される場合があります。

詳細

Gold Cloud Productivity コンピテンシーを取得していること。

詳細

直近 12 か月間で、Microsoft Teams プラットフォームの月間アクティブ使用量の伸びが 1,000 だったこと (CPOR データ)。Teams プラットフォームの月間アクティブ使用量は、プロの開発ツール、Power Platform、またはマイクロソフトが提供するテンプレートを使用してパートナー様によって開発され、埋め込み、拡張、または Graph API 呼び出しによって統合されたアプリ/ソリューションです。

詳細

次を有する 4 名。Microsoft 365 認定:開発者アソシエイト MS-600:Microsoft 365 コア サービスを使用したアプリケーションとソリューションの構築。

詳細

次のいずれかの条件を満たす Teams ソリューション。

  • Teams 内にデプロイされ、1 つ以上のプラットフォーム拡張機能を活用するアプリ (コネクタ、タブ、メッセージング拡張、タスク モジュール、アダプティブ カード、通知、ボット)
  • Teams Graph API 呼び出しを使用するスタンドアロンの Web またはデバイス アプリ
  • Teams コンポーネントを埋め込むスタンドアロンの Web またはデバイス アプリ

パートナー様は、アプリをビルドするときに、アプリ マニフェストに MPN ID を含める必要があります。詳細をご覧ください

詳細

Teams のカスタム ソリューションの開発およびデプロイにおける貴社の深い知識と実証された能力を示す顧客事例を 3 件提示すること。提出前に、顧客事例のガイドラインとテンプレートの使用方法をご確認ください。