Azure Expert マネージド サービス プロバイダー (MSP)

有能な Azure MSP にフル サポートを提供することで、Azure MSP やその顧客の収益の向上に役立ちます。

どのようなメリットがありますか?

Azure Expert MSP にはさまざまな利点があります。競合他社に差を付けるために役立つ利点をご覧ください。

差別化

特別な Azure Expert MSP バッジを獲得すると、マイクロソフトのお客様の間での認知度を高め、紹介エンジンで最高位の優先度を獲得することができます。

顧客契約

共同販売契約および見込み客に関して高い優先度を獲得します。

セールスとビジネス開発

新しい分野を開発するためにサポートを受けます。

アクセス、トレーニング、サポート

特別イベントに出席し、Azure エンジニアリング チームとの月例電話会議に参加します。

資格を得るには?

Azure Expert MSP は時間/コスト集約型の監査プロセスに合格する必要があります。以下で主要な手順をご確認ください。

ステップ 1:必須条件を満たす

開始するには、Gold の Cloud Platform コンピテンシー ステータスを獲得済みで、以下に説明するその他のビジネス要件を満たすことが必要です。

ステップ 2:申請する

以下に記載されたすべての要件を満たす場合は、申請プロセスにアクセスし、確認を受けるために申請することができます。

ステップ 3:監査を実施して合格する

最初の確認の後、公開されている最新のチェックリストに基づいて 2 日間の集中的な監査を実施するため、サード パーティーの監査人をご紹介します。

ステップ 4:継続的な要件を満たす

更新されたテクノロジ水準を貴社が引き続き満たしていることを確認するため、年に一度再評価が行われます。

監査について

Azure Expert MSP になるには、監査前のアセスメントとオンサイト監査が必要です。事業の内容によっては、プロセスには 300 時間を超える作業時間と貴社の各部署からの専門知識が必要になる場合があります。

Azure Expert MSP の必須条件

資格があるかどうかについては、一覧を参照してください。8 つの基本的な要件を満たす場合は、申請プロセスを開始することができます。

パートナー プログラム ティア

アクティブな Gold の Cloud Platform コンピテンシーが必要です。

Azure 消費

毎月 US$100,000 の Azure 消費収益を上げる必要があります。

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP)

有効な CSP 契約が必要です。

MSP サービス

貴社の MSP サービスの内容を AppSource または Azure Marketplace に記載する必要があります。

Azure MSP サービス

貴社の Azure MSP サービスを貴社の Web サイトでプロモーションする必要があります。

認定資格を持つスタッフ

15 人以上のフルタイムの社員が、特定の 3 つのマイクロソフト認定プロフェッショナル試験のうち 1 つを完了する必要があります。

顧客事例

Azure MSP ソリューションに関する 4 件の顧客事例をご提出ください。そのうち 1 件は、公開された事例である必要があります。

サポート契約

Azure を対象とする Advanced Support for Partners または Premier Support for Partners が必要です。

申請準備が整いましたか?

Microsoft アカウントでサインインします。

資格がない場合でも、問題ありません。

現在は Azure Expert MSP の資格を満たしていない場合でも、メンバーシップの強化、トレーニング、その他の成長の機会を通して、マイクロソフトとのパートナーシップを構築することができます。

コンピテンシーを確認する

競合他社に差を付けるためにコンピテンシーの認定資格を獲得します。

Azure の知識を広げる

Azure の知識やサービスを拡張するために、いくつかのトレーニング コースを受講します。

知的財産を構築する

ビジネスの変革を今日から開始するために、クラウド プラクティス プレイブックを確認します。

サービス プロバイダー向け Azure でのネイティブ管理ツールと自動化

顧客の大規模なクラウド アカウントを管理し、デジタル トランスフォーメーションの推進を支援するツールを活用して、マネージド サービス ビジネスの効率、収益性、成長性を高めます。