A woman working on her laptop at the office A woman working on her laptop at the office

「導入と変更管理」Specialization

プログラムの概要および要件

プログラムの概要

導入と変更管理サービスの提供による Microsoft 365 の使用および組織改革の推進において深い知識、豊富な経験、および実績をお持ちのパートナー様は、「導入と変更管理」Specialization の取得をご検討ください。

効果的な変更管理により、顧客がビジネス目標を達成するか上回る可能性は 6 倍高くなります。顧客が望む成果を実現するためには、エンド ユーザーが新しいサービスを導入し、行動の変化を受け入れることが重要です。導入と変更管理サービスは、Microsoft 365 の導入を通じて新たな収益源を生み出し、パートナー様にとって顧客生涯価値を提供する絶好の機会です。「導入と変更管理」Specialization により、有効な「モダン ワーク」ソリューション パートナー認定をお持ちのパートナー様は、自社をさらに差別化して、能力を示し、顧客とのより強固なつながりを築くことができます。

Specialization を取得するための包括的な要件を満たすパートナー様は、マイクロソフト ソリューション プロバイダー ファインダーのビジネス プロフィールで表示して顧客へアピールできるラベルを受け取ったり、顧客による検索で優先的に表示されて新しいビジネスにつなげたり、Specialization を取得したことを証明するマイクロソフトからの認定書を作成したりすることができます。

Specialization について詳しくご覧ください

1Prosci® 2018 ベンチマーキング データ。2007 年、2009 年、2011 年、2013 年、2015 年、2017 年のデータ。

Cloud Productivity コンピテンシーおよび関連する Specialization の最新情報

パフォーマンス要件の測定方法として、アクティブ エンタイトルメント (AE: Active Entitlement) に代わり、月間アクティブ使用量 (MAU: Monthly Active Usage) が使用されることになりました。AE は SKU レベルで測定されますが、MAU は顧客テナント レベルで測定されます。MAU を使用すると、Cloud Productivity コンピテンシーおよび関連する Specialization の取得に向けた進捗状況をより正確に測定できます。この変更に関する詳細情報については、FAQ をご確認ください。

申請方法

組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者のみが、組織に代わって「導入と変更管理」Specialization の申し込みを行うことができます。適切な役割とアクセス権をお持ちの方は、パートナー センター アカウントにログインし、パートナー センター ダッシュボード > コンピテンシー > Specialization にアクセスして申し込めます。

要件

適格なパートナー様は、サービスの提供とサポートにおいて最高水準の基準を満たしている必要があります。すべての要件は、マイクロソフトや第三者ベンダーによって自動または手動で確認され、変更される場合があります。

詳細

貴社は、有効な「モダン ワーク」ソリューション パートナー認定を有している必要があります。

詳細

直近 12 か月間で、SharePoint、Teams、および/または Yammer の月間アクティブ使用量 (MAU) の伸びが 1 万以上だったこと。

詳細

Microsoft Services Adoption Specialist Partner University Assessment の合格者を 2 名以上有していること。

詳細

Microsoft 365 のテクノロジを利用した導入と変更管理サービスを通じて顧客の組織改革を推進した能力を示す顧客事例を 3 件提示すること。提出前に、顧客事例のガイドライン をご確認ください。

詳細

Specialization とそれに関連する特典は 1 年間有効ですが、ソリューション パートナー ステータスを維持している必要があります。認定を維持していない場合は、Specialization ステータスが失われます。更新日には、その時点でのプログラム要件を満たす必要があります。なお、要件は随時変更される場合があります。