A woman showing her laptop’s screen to the woman next to her A woman showing her laptop’s screen to the woman next to her

「Microsoft Azure VMware Solution」Specialization

プログラムの概要および要件

プログラムの概要

「Microsoft Azure VMware Solution」Specialization で、顧客がオンプレミスの VMware ワークロードを移行して Azure 上で VMware をネイティブに実行できるよう支援し、Azure VMware Solution のデプロイおよび管理における貴社の実証された能力をアピールしましょう。

VMware はオンプレミス仮想化市場の約 75〜80% を占め、圧倒的なシェアを誇っています。今後 2 年間にサーバー仮想化環境全体をクラウドに移行することを計画または検討している企業は 45%1 に達しており、VMware ベースのワークロードを正常に移行することにおける貴社の能力を示すことは、貴社のビジネスにとって魅力的な機会となります。

VMware 認定の Azure VMware Solution で、VMware ベースの仮想ワークロードをクラウドに移行する際に、アプリケーションの再設計や運用設備の一新に伴う費用、労力、リスクの排除において、貴社はそれに特化した資格を有することを顧客に示すことができます。

Specialization を取得したパートナー様は、ビジネス プロフィール ページで表示して顧客へアピールできるラベルを受け取ったり、マイクロソフト ソリューション プロバイダー ファインダーでの顧客による検索で優先的に表示されたりすることができます。

Specialization について詳しくご覧ください

1 “The 2020 State of Virtualization Technology,” Spiceworks

申請方法

組織のマイクロソフト パートナー アカウントの管理者のみが、組織に代わって「Microsoft Azure VMware Solution」Specialization の申し込みを行うことができます。適切な役割とアクセス権をお持ちの方は、パートナー センターにサインインし、パートナー センター ダッシュボード > コンピテンシー > Specialization にアクセスして申し込めます。

要件

適格なパートナー様は、サービスの提供とサポートにおいて最高水準の基準を満たしている必要があります。すべての要件は、マイクロソフトや第三者ベンダーによって自動または手動で確認され、変更される場合があります。

詳細

貴社は、有効な「インフラストラクチャ (Azure)」ソリューション パートナー認定を有している必要があります。

詳細

過去 3 か月間に少なくとも 1 社の顧客から、月平均 1 万米ドルの Azure VMware Solution の Azure 使用による収益 (ACR) を獲得したこと。

AVS の ACR は、サービス レベル 4 のフィルターで計算されます。

  • Azure VMware Solution
  • Azure VMware Solution by CloudSimple
  • Azure VMware Solution by Virtustream
  • Specialized Compute Azure VMware Solution

詳細

貴社には、次の認定資格の合格者が 3 名以上いる必要があります (以下の各認定資格を 1 名以上が有していること)。

  • Azure Administrator Associate
  • Azure Solutions Architect Expert

および

  • 3 名がパートナー様対象の Azure VMware Solution (AVS) テクニカル アセスメントに合格している必要があります。
  • パートナー様には、次の認定資格の少なくとも 1 つを有する 2 名の正社員がいる必要があります (手動監査によって検証されます)。

    • VSP - VMware Sales Professional
    • VTSP - VMware Technical Solutions Professional
    • VCP - VMware Certified Professional - データ センターの仮想化
    • VCP - VMware Certified Professional - クラウド管理および自動化

または

貴社は、次のコンピテンシーの 1 つ以上を有している必要があります。

  • マスター サービス コンピテンシー – データ センターの仮想化
  • マスター サービス コンピテンシー – クラウド管理の自動化
  • ソリューション コンピテンシー – 管理の自動化
  • ソリューション コンピテンシー – サーバーの仮想化

および

パートナー様は、テクノロジ アライアンス プログラム (TAP) または VMware のパートナー コネクト (PC) メンバーである必要があります。

詳細

貴社は、第三者機関の監査に合格する必要があります。監査チェックリストをご覧ください