業績に応じた評価を目指しましょう

アソシエーションのメリットをご確認ください。さまざまなパートナー アソシエーションのメカニズムに関する詳細をご確認ください。

Microsoft 365 の利用、Dynamics 365 の販売、顧客の Azure 上で構築されたサービスやソリューションの構築または管理の支援など、インセンティブコンピテンシーAdvanced Specialization (高度な専門性)、または Expert マネージド サービス プロバイダー (MSP) の認定を受ける資格をお持ちです。クラウド サービスを設計、構築、配置、または管理する際に利用できるさまざまなオプションについて理解しましょう。

取引指名パートナー (TPOR)

クラウド サブスクリプションを販売した登録済みのライセンス ソリューション プロバイダーであり、トランザクションの時点で顧客のクラウド サブスクリプションに関連付けられていた場合、TPOR の資格を取得することができます。このメカニズムにより、貴社に販売のクレジットが付与され、価値あるインセンティブが提供されます。

指名パートナー申請 (CPOR)

CPOR を使用すると、サブスクリプションまたはワークロード レベルで貴社とカスタマーを関連付けることができます。これにより、貴社が推進するエンゲージメントと影響を認識し、Cloud Business Applications コンピテンシー および Cloud Productivity コンピテンシーの獲得に役立つ場青があります。提供されている多くのインセンティブを確認し、パートナー センターを通じて申請を行ってください。

パートナー管理リンク (PAL)

パートナー管理リンク (PAL) はパートナー認識の鍵であり、パートナー様は Azure サービスの提供に使用される資格情報に MPN ID を関連付けることができます。これは Azure に直接組み込まれており、プラットフォームのテレメトリを使用して、正確な自動追跡と使いやすい機能で Azure の消費に対するパートナー様の影響を測定します。

デジタル指名パートナー (DPOR)

Azure 上でソリューションの設計、構築、デプロイ、または管理を支援するパートナー様は、DPOR の資格を得ることができます。これはクラウド コンピテンシーの取得に役立ち、インセンティブを付与される場合があります。顧客の収益、使用率、消費量を一元的に把握できるため、データをクロスセルとアップセルの販売機会に役立てたり、更新停止の可能性がある顧客に対して事前に働きかけたりすることができます。マイクロソフトが DPOR に提供するインセンティブを確認し、パートナー センターにサインインして登録しましょう。

顧客との関連付けの作成、インセンティブの獲得金額の表示、コンピテンシーや Advanced Specialization (高度な専門性) 、またはエキスパート MSP プログラムの対象かどうかの確認を行うには、パートナー センターにサインインしてください。

サポートが必要ですか?

サポートが必要な場合、あらゆる段階でオプションをご利用いただけます。ご不明点がある場合は、マイクロソフト パートナー サポートをご参照ください。

サポートを利用する